女性用育毛剤を使うタイミング

若いころはサラサラストレートヘアだったのに、40歳を過ぎたころから髪がうねる。とても扱いづらいし、美容院に行っても思い通りの髪型にならないことが多くなった。

女性の髪は年齢を重ねるごとに変化していきます。

その原因となるのが加齢による女性ホルモンの低下です。それ以外にも今までの生活習慣の不摂生な部分が髪の質に出ちゃってしまっていることも考えられます。

しかし、このうねりは改善が可能です。実際、私のお客様はこの方法で髪質を改善しています。

髪のうねりには生まれつきのものと加齢によるものがある

髪の毛のうねりには生まれつきのくせ毛と、上記にあるような年齢的なうねりがあります。

生まれつきのうねり

生まれつきうねりがあるという人はくせ毛や天然パーマなどと言われますよね。でもくせ毛や天然パーマの女性って割合として多毛の人が多い印象があります。

思春期の学生のころに悩む問題ですね。あまりにもくせ毛がひどいと、大人になっても悩みの種になります。

改善策

美容院で縮毛矯正などの施術やヘアアイロンなどでくせを伸ばすしかないです。なかなかめんどくさいですが、頑張りましょう。

しかし、そういった人でもある程度くせ毛を改善することができます。縮毛矯正やヘアアイロンを使わなくてもです。

それが女性用の育毛剤を使うことです。

意外かもしれませんが、くせ毛の原因は毛穴のゆがみが原因となっていることがあります。それによって髪の毛がゆがんでしまいくせ毛や天然パーマになっています。

また、髪質自体が遺伝によって変形した形になっていることもありますが、女性用育毛剤を使うことで髪の中から矯正していくことも可能です。

くせ毛の場合髪の形状が湾曲になっていることから、髪の成分が足りていない箇所があります。そこへ育毛剤を使って髪の成分を補給してあげることで、髪質を変えられる可能性があります。

加齢によるうねり

本題はここですが、加齢によるうねりは年齢とともに頭皮の肌がたるんでしまい、その結果毛穴の形が歪んでしまうことが原因です。

なぜ肌がたるむのかというと、肌代謝の低下です。肌代謝は20代で28週期、30歳から40歳で45周期かかるといわれており、そのせいで頭皮がたるむようになります。

また、同じ時期に女性ホルモンであるエストロゲンも低下します。エストロゲンは女性の髪の成長に欠かせないホルモンです。

その減少によって髪が痩せてしまい、毛穴のゆがみと重なってうねりが出始めます。この現象がでてくると、白髪も増えていき、さらに薄毛になってしまうことがあります。

改善策

もともとストレートヘアだったのに年齢的なものによるうねりは、実はもともとくせ毛の人よりも改善が簡単です。改善方法はもともとくせ毛の女性と同じように女性用育毛剤を使います。そして頭皮マッサージや生活の中に運動を加えることで、簡単に改善していきます。

女性用育毛剤には女性ホルモン(エストロゲン)の代用成分や血行促進成分、髪の栄養素が多く含まれていますので、これを使いながら運動を加えることで肌代謝(ターンオーバー)が促進され、毛穴の形が元の綺麗な円形に戻り、そこからはまっすぐで健康的な髪の毛が生えてきます。

加齢による髪のうねりは薄毛や白髪が増える

もうひとつ言えるのは、加齢によって髪の毛がうねると白髪が増えたり、薄毛を発症してしまうということです。

白髪は髪のメラニン色素の生成が不十分になったときに生えてきます。この原因も上記と同じような理由でなります。肌代謝や女性ホルモンの影響ですね。

もう一つ重大なものは薄毛です。髪が痩せるわけですから、抜けやすい状態になったり、髪の密度が減ってしまいます。そうすると地肌が透けてしまい、なんとも寂しげな感じになってしまいます。

それによって余計に老けて見えるのです。

ですから日頃からの頭皮ケアが大切なのです。それが女性用育毛剤と運動、できれば生活自体改善できるところは改善したほうが良いです。

マイナチュレは豊富な成分が含まれていて女性の加齢による髪質や薄毛を改善します。また、最初のコスパが今ならお得です。

マイナチュレ公式サイトへ