突然髪質が変わってしまった38歳aikoさんの悩み

38歳 aikoさんの悩み

お客様お客様


突然髪質がガラッと変わってしまいました。これって何が原因なのでしょうか?私はカラーを2か月に1度、パーマは4か月に1度の頻度で施術します。

もしかしてと思うのですが、更年期障害などの兆候でしょうか?不安です。
もうカラーやパーマはやめたほうがよろしいのでしょうか?

美容師の回答

美容師(私)美容師(私)


女性の髪質が突然変わるときは何度かあります。

たとえば女性ホルモンが増え始める10代後半からは髪の質が良い意味で大人の髪へと変化します。

その次に産後です。

産後は女性ホルモンが急激に減ることで髪の毛の質そのものが変わってしまうことも。

あと抜け毛も激しいですよね。

最後に更年期です。

この場合、徐々に女性ホルモンが減っていくため、急激に髪質が変わるということがあります。

急激というか、いつの間にか髪質が変わっていた気づいたら変わっていたみたいな感じです。

更年期障害などを発症すると急激に女性ホルモンが減ることもあるので、髪質も急に変わることがあります。

この時は髪が痩せてしまい、その影響で髪のボリュームがなくなり、地肌が露出し薄毛に見えることもあります。

女性の髪は女性ホルモンの量に左右されます。

女性ホルモンの中のエストロゲンの減少や保湿成分をもたらすプロゲステロンの減少が関係してきます。

つまり、女性ホルモンの減少を極端にさせないことが大切。そのためには日ごろの生活習慣やストレスが大きく影響します。

ですから、aikoさんのおしゃっているパーマやカラーは薄毛とはあまり関係ありません。

でも、髪質が細くなってしまったということは、それらのダメージを受けやすくなるので頻度を控えめにしたほうがよいかもしれませんね。

また、aikoさんはまだお若いのでちょっとした工夫で髪質を戻せるかもしれません。

女性の髪質は男性と違って改善が可能です。

多くの女性に選ばれている女性用育毛剤【マイナチュレ】


詳細はこちら980円>>>「マイナチュレ公式サイトへ」クリック

女性ホルモンと女性の髪質の関係

女性の髪は女性ホルモンの中のエストロゲンによって変化します。

エストロゲンが多く分泌することで、ハリ、コシのある美しい女性らしい髪が成長します。

しかし、反対にエストロゲンが減少してしまうと細くて抜けやすい、弱い髪が生えてしまいます。

とはいっても、髪質は遺伝によって生まれた時にある程度決まってしまうので女性ホルモンがたくさん分泌してもサラサラストレートといったようにはなりません。

女性ホルモンで髪質までは決められませんが、それでも薄毛を防ぐという意味では女性ホルモンは欠かせません。

近年問題の若年性更年期障害

髪質の変わる女性

若年性更年期障害。医学的にはこのような言葉はないのですが、更年期障害が若年化している昨今このような呼び方が巷でついたのです。

おもな原因はストレスや生活習慣。

女性の社会進出と同時に今大きな社会問題となっています。

私の友達にも20代後半で更年期障害に発症したという女性がいました。

その子の原因はストレスなのですが、実はこの子、不倫をしていて別れた時のショックからストレスが大きくなり、更年期障害を発症してしまったのです。

もっともこの時、薄毛になったとうような症状は見られませんでしたが、多汗症や情緒不安定などの症状がみられました。

医者にも更年期障害と告げられたので間違いないです。

このようなストレスが若い人の更年期障害の理由の一つにもなっているのです。

更年期障害を発症すると急に髪質は変わるもの?

更年期障害を発症することで急激に髪質が変わる人もいればそうでない人もいます。

それは女性ホルモンの減少速度によりけりだからです。

急激に減少すればそれだけ薄毛の進行や髪質の変化も早いです。そのスピードが遅ければ、それに合わせるように薄毛への進行速度も遅いです。

でも、いずれは両者とも薄毛を発症しそのままではひどくなってしまうことは間違いありません。

また女性ホルモンは更年期以降増えることがありませんから、髪の毛がもとに戻ることもありません。

もとの状態に戻すためには育毛などを続けることが必要になります。

急な髪質の変化にいち早く気づく方法

急な女性の髪質の変化は女性ホルモンの影響によるものが多いです。

でも、女性ホルモン量を自分で知るためには病院で血液検査をしなければいけませんが、髪質の変化は自分でも確かめることができます。

最も簡単な髪質の見極め方とは次の通りです。

1 うねりが出てきた

加齢や更年期には女性ホルモンの分泌量も減りますが、それと並行して血流も悪くなります。

そうすると肌がたるみます。

特に加齢によるたるみを「雪崩たるみ」と言いますが、それは頭皮から始まり、次第にお顔やアゴ、首までたるんでいきます。

てっぺんから雪崩のようにたるむから「雪崩たるみ」というのです。

雪崩たるみが起きると髪の毛の生えている毛穴が歪みます。

毛穴が歪むことで髪の毛がいびつに成長し、栄養の足りているところとそうでないところに分かれてしまいます。

それが髪のうねりの原因となるのです。

2 細くなった

髪の毛がうねるのは髪自体に栄養が行き届いていないからです。

また、毛穴の歪みも問題ですが、それ以上に頭皮の血行が悪くなっているのも問題です。

髪は血液から栄養や酸素、女性ホルモンなどを受け取り成長します。

血流が悪くなるということは、それらが不足してしまっていることになるのです。

3 乾燥している

髪がうねり細くなると当然髪の毛も弱くなるため乾燥しやすくなります。

40代以降の女性に多いのは特にこの乾燥した髪質の方が多いです。

若いころは艶々だったにもかかわらず、今となっては白髪は出てくるし、染めれば傷むしで、髪の悩みがつきません。

4 ダメージしやすくなった

乾燥しやすい髪質というのは髪の中の栄養分やケラチンたんぱく質が圧倒的に不足しているからなんです。

かろうじて髪の毛の形状を維持している状態で、そんな髪にカラーやパーマをかけたりすると若いころよりも髪の毛がダメージしやすいです。

また、ダメージしやすい髪質はカラーが綺麗に発色しなかったり、パーマのかかりが悪かったりします。

縮毛矯正なんてかけたら薬液をつけた瞬間チリチリになりそうで怖いときもあります。

以上、これらが髪質の変化にいち早く気づく方法です。

自覚してほしいのは、これが更年期の髪質だってことなんです。

薄毛を発症した時に気を付けたいこと

髪質の変化に気づいたらいち早い対策が必要です。

でも、ほとんどの女性はこの状態で気づくことができません。

イヤ、気づいているけれども何をどうすれば良いのかわかっていないのだと思います。

そうすると、だんだん髪の毛が抜けたり髪が痩せたりで薄毛に見えるようになります。

そして、薄毛を発症してしまうと、髪の毛は痩せてしまいます。

外部からのダメージを受けやすく、髪の成長が鈍化してしまうためです。

まさにヘアサイクルではなく負のヘアサイクルが始まってしまうのです。

ですから、カラーやパーマ、ヘアケア、ヘアアレンジなどは極力避けたほうが無難です。

でも、これらをしていないにせよ髪質は戻りませんから、またヘアスタイルを楽しみたいのであれば、育毛をしていくしかありません。

更年期の髪質変化突然にやってきます。

ですから、できれば髪の毛がこのような状態になる前から育毛対策をしてほしいです。

女性の育毛とは??

女性の育毛

ここまでさんざん育毛、育毛と言ってきたのですが、具体的には頭皮ケアと女性用育毛剤に含まれている女性ホルモン(エストロゲン)の代用成分を直接頭皮に吸収させることが有効な女性の育毛になります。

女性が老化し、肌がたるんだ時ヒアルロン酸を注入するように、頭皮にも女性ホルモンエストロゲンの代用成分を注入します。

そうすることで、髪の毛の毛乳頭細胞近くにあるバジル細胞が活発になり、また健やかな髪の毛が生えやすくなります。

また、女性ホルモンが減ってしまうと、先ほどもはなしましたが「頭皮のたるみ」の原因となります。

毛穴が楕円形(だえんけい)になり、ますます髪質が悪くなります。

さらに細毛でくせ毛になり、また頭皮とお顔は一枚肌のため、「お顔のたるみ」の原因にもなってしまいます。

つまり、女性の育毛は髪だけでなく、頭皮を引き上げお顔のリフトアップなどのアンチエイジング効果もあるのです。

こちらの記事も参考になります。

マイナチュレ体験談とマッサージ方法!マイナチュレを使いながらお顔もリフトアップ

なぜ高齢者にはショートが多いの?

若いうちから髪の変化に気付いたら、早めの対策で今後、女性らしい髪の毛を一生楽しめます。

なぜ、高齢者の方にショートヘアにパーマが多いのかというと、髪の毛が痩せてしまいボリュームが出ないからです。

それにパーマをかけて地肌が見えるのを防ぐということです。

でも髪質が悪くなっているのでパーマはかなり強めにかけていると思います。

髪が弱いとパーマを緩めにかけられないのです。(髪質が弱くなると緩めのパーマはすぐにとれてしまいます。)

なので、いつもチリ付いたパーマになってしまいます。

50代や60代になっても、いろんなヘアスタイルを楽しみたいのであれば、今のうちから育毛対策をおすすめします。

まとめ

ちょっと話が脱線した個所もありますが、基本的に女性ホルモンは40歳を境に徐々に減ります。

それと同時に髪質も細くなりボリュームのないびまん性脱毛症のような症状を発症します。

それを防ぐためには直接頭皮のヘアサイクルや発毛を促す女性の育毛が必要になるのです。

一番選ばれている女性用育毛剤【マイナチュレ】




多くの女性に一番選ばれている育毛剤が【マイナチュレ】です。

今なら初回980円で送料無料!かなりお得にお試しができます。

マイナチュレの詳細はこちら>>> マイナチュレ公式サイトへ クリック

女性用育毛剤ランキングはこちらから>>> 女性用育毛剤ランキング