女性の悩ましい抜け毛には様々な原因がありますが、最近問題となっているのが甲状腺機能の問題があります。

甲状腺機能が低下して、甲状腺ホルモンの分泌量が少なくなると、抜け毛が起こり薄毛の可能性が高まると言われています。

甲状腺ホルモンは私たちの体に無数に存在している細胞を活発にする働きがあります。

その甲状腺ホルモンの分泌が少なくなることで細胞の働きも鈍化してしまい、また髪の毛に影響してしまいます。

甲状腺機能低下症ははっきりとした発症のメカニズムが実はわかっていません。

しかし、甲状腺刺激ホルモンの不足受容体遺伝子の変異先天性異常などが考えられますが、一定年齢以上の女性に多いと言われる疾患なので成人女性が気を付けたい病気です。

甲状腺ホルモンの分泌が少なくなることで髪の毛を作る毛母細胞の活動も鈍化してしまいます。

そのため細胞分裂が行われず、髪の毛が細くなったり抜け毛が起きたりという現象が起きてしまうのです。

甲状腺ホルモンには体のあらゆる部分を活性化する働きがあります。

甲状腺機能低下症の原因

さて、甲状腺機能が低下する原因はいくつかあります。

甲状腺に問題がある

何らかの病気により甲状腺にトラブルが起きてしまい甲状腺機能が低下してしまうということがあります。

この症状のことを原発性甲状腺機能低下症と呼び甲状腺機能低下に最もよく見られるケースです。

ホルモン不足が原因

甲状腺が普通に機能するためには脳にある脳下垂体から甲状腺刺激ホルモンが分泌される必要があります。

このホルモンが分泌されないと甲状腺が働かなくなる場合があります。

この症状のことを中枢性甲状腺機能低下症及び非常に稀なケースです。

ホルモンへの反応性の低下

甲状腺刺激ホルモンは分泌されてもそれを受け取る側に問題がある場合、ホルモンに対して正確な反応ができないことがあります。

これは甲状腺ホルモン不応症と呼び甲状腺ホルモン受容体遺伝子が何らかの理由で変異してしまうことが原因です。

またこの症状も極めて稀です。

甲状腺機能低下症による症状

甲状腺ホルモンの異常だと次のような症状が出ることがあります。

1 甲状腺ホルモンが多く分泌している

甲状腺ホルモンの分泌が増えると多汗症やイライラ、感食欲があるのに痩せてしまう、体温が高くなる、手の震え、動悸、息切れなどの症状があります。

全身の代謝が活発になりすぎることが原因です。

また自律神経失調症やパニック障害と混同しやすく、これらの症状を安易な自己判断で行うのは禁物です。

おかしいなと思ったら病院で診てもらうことが大切です。

2 甲状腺ホルモンの分泌量が不足

甲状腺ホルモンの分泌量が減ってしまうと、むくみ便秘皮膚の乾燥眠気脈が遅くなったり無気力な状態になってしまいます。

体の代謝の活動が衰えるため身体機能が弱まってしまいます。

低血圧など女性特有の悩みと間違えやすく、誤診があることがあります。

甲状腺機能低下症による薄毛は改善が可能

甲状腺機能低下症が原因となっている女性の薄毛は適切な治療で治る可能性はかなり高いです。

抜け毛の原因に甲状腺機能低下症が関わっているかどうかは医療機関で血液検査を受ければすぐに分かります。

抜け毛や薄毛の場合、内科検診を受けて抜け毛の原因が本当に甲状腺が関係しているのかどうかを確認するところから始めましょう。

また、甲状腺機能低下症の治療はサイロキシンと呼ばれる錠剤を使って治療するのが一般的です。

治療を続け、血液検査で甲状腺ホルモンの量を測定し、正常範囲に入れば薬の投与が終了になります。

そこから薄毛の改善が見込めるようになるでしょう

とにもかくにもちょっと体の調子がおかしいなと思ったら迷わず内科などの病院で見てもらうようにすることが大切です。

一番選ばれている女性用育毛剤【マイナチュレ】




多くの女性に一番選ばれている育毛剤が【マイナチュレ】です。

今なら初回980円で送料無料!かなりお得にお試しができます。

マイナチュレの詳細はこちら>>> マイナチュレ公式サイトへ クリック

女性用育毛剤ランキングはこちらから>>> 女性用育毛剤ランキング