30代に入ると少しづつ髪やお肌に変化が現れます。

失礼な言い方をすれば老化現象です。

女性は20代後半までが女性ホルモンの分泌がピークです。そこからは少しづつ女性ホルモンの分泌が減っていき頭皮やお肌のターンオーバーも遅れてきます。

それに伴い髪もパサつきが目立ってきたり、ウネリを伴うようになります。

多くの女性に選ばれている女性用育毛剤【マイナチュレ】


詳細はこちら980円>>>「マイナチュレ公式サイトへ」クリック

30代女性の髪の毛の特徴

30代女性の平均的な髪の毛の質はというと20代よりも若干パサつく程度。でも、後半になるにつれてそのパサつきが大きくなったり、髪にうねりを伴うようになります。

特に出産後などは大きく髪が変化します。

手触り

今まで髪が多く感じていても、手触りにパサつきを感じるようになります。そして量を軽くするとそのパサつきがひどくなるので、重めのスタイルにする人も増えていきます。

また、カラーリングやパーマなどでコスメやクリニックといったダメージレスタイプを選ぶのもこの年齢が多いです。

さらに言えば、20代よりもダメージを肌で感じるため、トリートメントやアンチエイジング商材もこの年齢層の女性が一番購入率が高いです。

太さ

30代前半だとまだまだ髪は太いですが、それが後半に近づくにつれ徐々に髪が痩せていくようになります。そして髪のパサつきウネリもひどくなります。

ハリ艶

いくらトリートメントを頑張っても髪に艶が戻らないことが多くなります。髪のダメージ部は基本もとには戻りません。ですから髪の毛を強くしてあげダメージに強い髪の毛づくりに励むようにしましょう。

ダメージ度

ダメージレベルは平均中の上くらいです。ひどくないもののお出かけの時などはパサつきが気になります。また朝スタイリングして調子が良くてもお昼過ぎ、夕方には毛先がパサパサします。

ブローで伸ばしたところも夕方には跳ねていることがほとんどではないでしょうか。

30代で発症しやすい薄毛

30代で発症しやすい薄毛は次の通りです。

産後脱毛症

出産を機に髪が薄くなります。産前から対策をしていけばこの問題を解消できるかもしれません。

びまん性脱毛症

女性ホルモンの減少による薄毛です。エストロゲンが減ることで女性の髪は痩せていきます。髪が痩せると頭部全体の密度が減るので地肌が透けて見えるようになります。

まとめ

主にはこれらの薄毛ですが、そのほかにも円形脱毛症や甲状腺ホルモンが関係する薄毛もあります。でも、一番は上記の薄毛の可能性が最も高いです。

今髪のダメージやパサつきを感じる人はもしかしたら40代の更年期に薄毛を発症する可能性が高いので今のうちから頭皮ケアをしたほうが良いでしょう。

薄毛対策は早ければ早いほど有効です。

一番選ばれている女性用育毛剤【マイナチュレ】




多くの女性に一番選ばれている育毛剤が【マイナチュレ】です。

今なら初回980円で送料無料!かなりお得にお試しができます。

マイナチュレの詳細はこちら>>> マイナチュレ公式サイトへ クリック

女性用育毛剤ランキングはこちらから>>> 女性用育毛剤ランキング