女性の髪は40代が一番変化のある年代と言っても過言ではありません。

それは女性ホルモンが影響するからです。

40代前半までは良いのですが、後半に入るとこれが顕著に表れます。

人によっては更年期障害を発症する人も多いです。

女性ホルモンであるエストロゲンが女性の髪に作用しているのに加え、プロゲステロンは髪の保湿力に作用します。

ですから、髪質はパサパサ、太さは細くダメージしやすい髪になります。

多くの女性に選ばれている女性用育毛剤【マイナチュレ】


詳細はこちら980円>>>「マイナチュレ公式サイトへ」クリック

40代女性の髪の毛の特徴

正常な状態

パサつきがあり、うねりが出ることもあります。この年齢になると加齢による皮膚のたるみもでてきます。頭皮もお顔と一枚肌で、頭皮がたるむとお顔もたるみシワなどの原因になります。

また、毛穴の形も歪んでしまうのでくせ毛になったり、髪の乾燥がよりひどくなります。

手触り

パサパサ、ざらざらした質感になります。カラーの発色やパーマのかかりもよろしくありません。

太さ

20代30代にくらべ細くなります。もともと普通の太さや少し細めの髪質だった場合、髪が細くなることで密度がへり地肌が透けて見え始めます。

ハリ艶

ハリ艶ともに感じられなくなります。とにかくこの年齢からはパサつきが目立ちますし、艶もありません。

ダメージ度

カラーやパーマをしていなくてもダメージしてしまいます。特に秋のダメージや抜け毛、乾燥の季節は要注意が必要です。

薄毛になった場合

薄毛の可能性があるものはびまん性脱毛症や女性性男性型脱毛症fagaです。そのほかにも甲状腺機能低下症などによる薄毛も考えられますが、最も可能性があるものは上記の2種です。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は頭部全体が均一に薄くなる症状で抜け毛も伴う場合があります。地肌が透けて見えボリュームのない髪になります。

主に更年期の女性にこの症状は多く見られますが、まれに若い人にも見られます。

共通している原因はともに女性ホルモンの低下です。

女性性男性型脱毛症

女性性男性型脱毛症fagaは女性が男性型脱毛症と似た薄毛を発症するものです。

びまん性脱毛症にも症状が似ているところがあり、見分けがつけづらいですが、原因は女性ホルモンと男性ホルモンの優位さが縮まることで発症しやすくなります。

生え際や頭頂部が特に薄いと感じるならこの脱毛症を疑ってみても良いでしょう。

まとめ

これらのように女性の40代は髪の悩みがつきない年代に入ります。日頃の頭皮ケア次第で更年期後の髪質にも影響を与えます。

いつまでも美しくありたい。どんな方でも女性の願いはそれ一点に絞られると思うので、髪は女性の命という言葉あると思います。

そして髪はその人の雰囲気を一番に決定づけるものなので大切にしてあげてください。

一番選ばれている女性用育毛剤【マイナチュレ】




多くの女性に一番選ばれている育毛剤が【マイナチュレ】です。

今なら初回980円で送料無料!かなりお得にお試しができます。

マイナチュレの詳細はこちら>>> マイナチュレ公式サイトへ クリック

女性用育毛剤ランキングはこちらから>>> 女性用育毛剤ランキング