薄毛に悩んでいるなら、亜鉛が薄毛対策に良いという話を一度は聞いたことがあると思います。

実際、亜鉛は髪の毛を作る材料の一つです。

そのため薄毛対策にも有効です。

亜鉛が女性の薄毛対策に本当に良いのか?亜鉛と髪の毛の関係についてもう少し詳しく説明していきますね。

亜鉛はミネラルの一種で体の健康維持はもちろんのこと髪の毛を健やかに保つための成分としても知られています。

しかし、亜鉛の摂取量を間違ってしまうと思わぬ副作用が起きてしまうのも事実です。

また、女性の薄毛は男性の薄毛に比べホルモンのバランスに大きく左右されます。

薄毛になるための過程も複雑です。

そう考えると亜鉛だけを摂ったからといって薄毛が改善されるということではありません。

亜鉛も薄毛改善のための一つの有効成分と認識しておくといいでしょう。

多くの女性に選ばれている女性用育毛剤【マイナチュレ】


詳細はこちら980円>>>「マイナチュレ公式サイトへ」クリック

亜鉛と髪の毛の関係

髪の毛の90%以上の成分はケラチンというタンパク質で構成されています。

亜鉛がどのようにこのケラチンタンパク質に必要なのかというと、食事などから摂ったタンパク質は体内でアミノ酸に分解され、ケラチンに再結合する働きがあります。

その再結合の際に亜鉛が必要になるのです。

また、亜鉛を継続的に摂取することで体の中で5アルファリダクターゼという酵素を抑制する作用があります。

5アルファリダクターゼが影響するのは男性の薄毛ですが、女性にも女性ホルモンが減ることで男性型脱毛症のリスクがあります。

その脱毛症を女性性男性型脱毛症fagaといいます。

亜鉛の一日の摂取量と摂取方法

亜鉛の一日の摂取量は厚生労働省によると女性で30 mg~35 mg となっています。
そして、女性の薄毛にも効果的な亜鉛ですが、亜鉛を摂取する方法は限られています。

要するに、亜鉛が含まれている食べ物が限られてるということです。

代表的なものだと生牡蠣や煮干し、いわし、豚レバーなど、どれも日常的に毎日食べるものではありません。

もちろん意識して普段の献立に取り入れることは可能ですが、それでも難しいですよね。

亜鉛は毎日継続的に摂取することが大切なので、亜鉛を食材から摂取できないときはサプリメントに頼るのも一つの手です。

また、亜鉛を効率よく使うためにはタンパク質やビタミン群など他の栄養素も必要になります。

髪の毛はひとつの成分からできているわけではなく、このように色々な成分と亜鉛が組み合わさってできています。

そのため、亜鉛だけでは不十分ということがいえます。

女性の薄毛対策には亜鉛だけじゃ不十分

亜鉛は髪の毛を健康に保つためには必要な成分の一つですが、毎日の食事から摂取するのも大変。

そして髪の毛は亜鉛だけでなく様々な栄養から成り立ってるものです。

亜鉛を薄毛対策に考えるのは良いことなのですが、他の栄養素も取らなければいけないので、薄毛に悩んでいるのなら女性用育毛剤を使うことをおすすめします。

女性用育毛剤を使った方が薄毛改善が早いですし、その中に亜鉛が含まれている育毛剤も実は多くあります。

体の外側から女性用育毛剤を使い、内側から毎日亜鉛を摂取するとより良い薄毛対策ができると思われます。

一番選ばれている女性用育毛剤【マイナチュレ】




多くの女性に一番選ばれている育毛剤が【マイナチュレ】です。

今なら初回980円で送料無料!かなりお得にお試しができます。

マイナチュレの詳細はこちら>>> マイナチュレ公式サイトへ クリック

女性用育毛剤ランキングはこちらから>>> 女性用育毛剤ランキング