お客様お客様

30代前半未婚の女性ですが、女性の薄毛は治すことができますか?

私は未婚なのでもちろん出産の経験もありません。

そして、まだ更年期という年齢でもないのに生え際から髪の毛が薄くなってきました。

ただ一つ気になるといえば敏感肌というくらいです。

何が原因かわかりませんが、このような薄毛は治るのでしょうか?

美容師(私)美容師(私)

女性の薄毛の原因にはストレスや日頃の生活習慣が影響することが多いです。

そのため薄毛の根本的な原因を特定するのはとても難しいのです。

悩みの大きさにもよりますが、もしかなり悩んでいるようでしたら女性専門の育毛クリニックを受診してみると良いかもしれません。

おそらく普通の病院、主に婦人科や内科、皮膚科では原因特定にはならないと思います。

その点、育毛クリニックであれば担当する人はちゃんとした医者ですから、血液検査など様々な薄毛に関連する検査も受けることが出来ます。

まだ、そこまで悩みが大きくなっていないなら、敏感肌ということなので女性用育毛剤ミューノアージュを一度試してみるのも良いでしょう。

このミューノアージュ育毛剤も皮膚科医が共同開発しているものですので、信頼できるものです。

【皮膚科医がつくった】ミューノアージュ育毛剤


詳細はこちら>>>東京ミッドタウン皮膚科医発の育毛剤

女性が男性のようなaga、女性性男性型脱毛症fagaになる理由

女性の薄毛はストレスや生活習慣が影響し発症します。

びまん性脱毛症というのもありますが、質問者さんの場合生え際と特定の箇所が薄くなってきているようなので、女性性男性型脱毛症fagaも疑ってみると良いでしょう。

fagaは女性のagaと言われており、男性同様の薄毛が女性にも起きることを言います。その主な原因というのが

女性ホルモンの減少

女性ホルモンが減ると女性の中の男性ホルモンとの差が縮まります。そのせいで女性も男性と似た薄毛を発症します。

加齢

年齢を重ねるとどうしても女性ホルモンが減少します。

また、体の基礎代謝なども落ちますのでそのせいで薄毛を発症することがあります。

老人性脱毛症と言いますが、質問者さんの場合はこれにあたりませんね。

ストレス

一番疑ってしまうのがストレスです。

おそらくお仕事をしていると思うので仕事上のストレスが大きいのではないでしょうか。

ストレスは自律神経に影響し、さらには女性ホルモンや血行を悪くします。

運動不足

運動不足は基礎代謝を低下させます。デスクワークが多いと要注意かもしれません。

ダイエット

女性に多いダイエットですが、特に日本人は食事制限を中心にしたダイエットが多いです。

そのせいで髪に必要なたんぱく質やビタミンなどが不足してしまっていることが考えられます。

遺伝

女性は父方からの遺伝子を受け継ぎます。そのため父方の家系に薄毛がいるとその遺伝を引き継いでしまう可能性があります。

何歳からなる可能性がある?

正直fagaは更年期や加齢を伴う時期に発症しやすいです。

ですので質問者さんは薄毛になるにはちょっと早すぎると思います。

とはいっても若年性更年期障害というものがあるように薄毛も若年化しており、ある育毛クリニックによると毎年倍々で増えているという報告も聞いています。

どちらにしても対策は必要ですね。

女性性男性型脱毛症faga対策

fagaを対策する具体的な方法は次の通りです。

女性ホルモンを増やす

もうこれは絶対条件です。

女性ホルモンを増やすといっても女性ホルモン治療などはしっかり血液検査等を受けないと副作用の心配があります。

女性用育毛剤で代用するなら大豆成分などイソフラボンを含んだものを使うと良いです。

イソフラボンは植物性エストロゲンといって女性ホルモンのエストロゲンの代用になります。

エストロゲンは女性の髪に影響します。

血行を良くする

血行もかなり重要な部分です。

頭部は毛細血管でできておりただでさえ血流が悪いです。

でも、髪は血液から栄養や酸素を吸収し成長します。

したがって血行を良くすることは新鮮な栄養と酸素を髪に与え成長を促す作用があります。

食事内容を見直す

食事の栄養バランスはとても大切です。特に髪に必要なのはタンパク質、ビタミン、ミネラルなどバランスよく摂る必要があります。

育毛剤をゴールデンタイムに使う

育毛剤を使うならゴールデンタイムを狙って使いましょう。

筋トレ後にプロテインを飲むように育毛も髪の成長を促進するタイミングというものがあります。

つまりは寝る前ですね。

夜お風呂でシャンプーをして清潔な状態にします。

お風呂に入るので体温も上がり毛穴が開いています。

このタイミングで育毛剤を塗布し、その後2時間くらいで就寝すれば、成長ホルモンの分泌に乗じて髪の細胞分れる、つまり成長を促します。

まとめ

質問者さんのように若いうちで薄毛を発症する原因はfagaやびまん性脱毛症の疑いがあります。

そしてその対策にも2通りあり、一つは女性専用の育毛サロンに通う、もう一つは女性用育毛剤を使う。

敏感肌の場合は皮膚科医共同開発のミューノアージュ育毛剤が安心です。

育毛サロンの情報によるとほとんどの人はまず育毛剤でセルフケアをするそうです。

そこで上手く改善されれば育毛クリニックに通う必要はありません。

しかし、育毛が上手くいかなければ月1万円以上の出費は覚悟したほうが良いです。

まずはセルフメディケーションから始めてみてはいかがですか?

【皮膚科医が共同開】お肌に悩みがある女性に多く選ばれているミューノアージュ育毛剤




お肌の敏感な方や安全なものを使いたい。そういった女性に支持されている育毛剤が皮膚科医と共同開発された【ミューノアージュ育毛剤】です。

皮膚科の医師が開発に携わっているので、敏感肌から産後、更年期などお肌に不安を抱えているときに安心して使えます。

ミューノアージュ育毛剤の詳細はこちらから>>> 東京ミッドタウン皮膚科医発の育毛剤

女性用育毛剤ランキングはこちら>>> 女性用育毛剤ランキング