白髪染めをしていて育毛剤を使ってしまうと染めたところが色落ちしてしまう。

そんな経験がある人も多いと思いますが、その原因は育毛剤に含まれるアルコールやエタノールが原因です。

育毛剤には製品の防腐剤としてアルコールエタノールが含まれている育毛剤も少なくありません。

また、育毛剤に含まれるアルコールやエタノールの量によっても白髪染めが落ちやすいです。

育毛剤で白髪染めが落ちてしまう範囲や退色具合

ほとんどの育毛剤にはアルコールやエタノールが含まれていますが、どれぐらい白髪染めが落ちてしまうのか?ということをちょっとまとめてみました。

アルコールの量が多く入ってる場合

育毛剤を使ってスーッという清涼感を感じたらもしかしたらそれはアルコールが多めに含まれているのかもしれません。

中にはメントールの清涼感もありますが、女性用育毛剤にメントールが含まれてることはほとんどないのでアルコールの量が多いことが考えられます。

アルコールの量が多いと育毛剤を塗布した箇所は色落ちをします。

垂れてきた液がカラーで染まっているくらい色落ちが激しいです。

明るめの白髪染めで染めているのなら、染めてた箇所はほとんど白髪に戻ってしまいます。

黒く染めている場合はブラウンくらいに明るくなってしまいます。

アルコールの量が少量の場合

アルコールの量が少量の場合は日を追うごとに白髪染めが落ちてしまいます。

一日で落ちる量は少ないものの、染め始めてから一週間2週間と経つうちにどんどん色が明るくなっていきます。

また、色落ちをシャンプーでも影響があるためアルコールの入った育毛剤を使いながら毎日シャンプーをすると色落ちのスピードは早いでしょう。

マニキュアの場合

マニキュアの場合、アルコールの量が多いと一瞬でマニキュアが落ちてしまいます。

マニキュアは髪の毛の表面をコーティングしているだけなので非常に色が落ちやすいです。

マニキュアをしてる方は経験済みだと思いますが、シャンプーだけでも色が落ちてくるの確認していると思います。

マニキュアは汗をかいただけでも落ちてしまうため、アルコールの含まれる育毛剤を使うと非常に退色しやすいです。

ヘナカラーの場合

ヘナカラーも髪の毛の表面近く色が付着するため退色しやすいです。マニキュアよりは退色の具合は緩やかですが、アルコールを含む育毛剤を使うとカラー剤よりも退色は激しいでしょう。

トリートメントカラーの場合

トリートメントカラーもどちらかというとマニキュアの部類に入るためアルコールによる退色は早いです。

トリートメントカラーはこの中でも一番カラーの定着が悪いので、一瞬で落ちてしまう可能性があります。

ノンアルコールの女性用育毛剤が白髪染めの色落ちに強い

当サイトで 推奨しているミューノアージュ育毛剤はアルコールやエタノールが使われていません。

そのため白髪染め通常のカラーからマニキュアヘナトリートメントカラーなどの退色を防ぎます。

また、現役の皮膚科医さんが開発に携わり女性の頭皮の事を考えて作られているため、敏感肌の女性に安心して使える育毛剤です。

チョットうれしい話

毎月白髪染めをしているととても大変です。

なんで白髪ってこんなに伸びるのが早いんだろうと思ってしまう方も多いと思いますがちょっとした朗報があります。

それは育毛剤を使い続けることで白髪が減る可能性があるということです。

育毛剤は頭皮を活性化させ髪の毛の細胞に栄養を与えるため髪の毛の色を付けるメラニン色素にも働きかけてくれる効果があります。

メラニン色素が若返り、ある日突然白髪の部分が黒く色がつくこともありえるでしょう。

【皮膚科医が共同開】お肌に悩みがある女性に多く選ばれているミューノアージュ育毛剤




お肌の敏感な方や安全なものを使いたい。そういった女性に支持されている育毛剤が皮膚科医と共同開発された【ミューノアージュ育毛剤】です。

皮膚科の医師が開発に携わっているので、敏感肌から産後、更年期などお肌に不安を抱えているときに安心して使えます。

ミューノアージュ育毛剤の詳細はこちらから>>> 東京ミッドタウン皮膚科医発の育毛剤

女性用育毛剤ランキングはこちら>>> 女性用育毛剤ランキング