お客様お客様


最近抜け毛が多く少しずつ気になりだしてるのですが、育毛剤などを使用する場合はどのタイミングから始めればよいのか分かりません。

ちなみに今は34歳です。この年齢だと育毛剤を使い始めた方が予防になるのでしょうか?

美容師(私)美容師(私)


正直、育毛剤を使い始めるのにタイミングなんてものはなく、使いたいと思ったら使えばいいと思います。

ただ、それだとあまりにも大雑把すぎるので少し詳しく回答していきたいと思います。

具体的には大きく二つの理由に分けられます。

一つ目が薄毛から判断して使う方法、二つ目が年齢的なものから判断して使うタイミングに分けられます。

女性用育毛剤を使うタイミングなんてない!?薄毛・抜け毛が気になったらすぐにでも使おう!

女性用育毛剤を使うタイミング

抜け毛や薄毛が気になり出してる時は、すぐにでも使った方が良いでしょう。

年齢的なものに関しては、ある意味予防的なものも含まれるため、育毛剤を使って後々後悔するということがありません。

女性の薄毛は育毛剤で変わる

少しでも抜け毛や薄毛の兆候が見られればすぐにでも育毛剤を使い始めるべきだと思います。

当サイトでも紹介しているように無添加で天然由来成分を配合した商品であれば、副作用の心配もありませんし、今の状態が悪化することもまずありえません。

無添加の女性用育毛剤を使った適切なヘアケアをすることで薄毛の問題は徐々に回復していき、髪質もみるみる良くなっていきます。女性だからこそ綺麗な髪を維持するためにも女性用育毛剤の使用はおすすめです。

こちらの記事も参考になります。

女性にはある日突然髪質がガラッと変わる時がある

老けたくない!40代からはお顔と髪が老ける原因に!

必ず女性用を使うようにする

そこまで薄毛が進行していない状態でも髪のボリュームや細毛が気になる、元々髪の量が少なく将来的に薄毛になるのを防ぎたい、という形でも予防という目的とした女性用育毛剤を使用するのは賢明な判断です。

ただし、予防を目的で使用する場合においても、完全無添加、天然由来成分を多く含む女性用育毛剤を使った方が将来的にも安心です

男性用育毛剤のように強い化学物質が入った育毛剤はは体質に合わなかったりすると逆効果になってしまいます。ですから女性はちゃんとした女性用育毛剤で薄毛改善や予防するとよいでしょう。

さて薄毛予防としても育毛剤が使えるわけですが育毛剤だからといってあまり腰を重くせず化粧水や美容液などと同様に気軽に始めても大丈夫です。

例えば・・・

頭皮が乾燥する抜け毛が増えたような気がする、分け目が広がってきた、前髪の生え際が薄くなってきた、とように本格的に薄毛が進行する前の予防ケアとして、育毛剤を使用すると症状が進行し時間が経ってから育毛剤を使用するのとでは、効果が劇的に変わります。

抜け毛がひどくなり地肌に透けている感じがすぐに分かるようになってくると、育毛剤による頭皮ケアを開始するにはタイミングが遅すぎます。

元の頭皮や髪の毛の状態に改善するまで、より多くの時間とお金がかかってしまいます。ですから早いタイミングでの育毛剤の使用をお勧めします。

こちらの記事も参考になります。

女性用育毛剤は何歳から使っていいの?育毛剤の年齢制限

女性がミノキシジル5%のものを使うとどうなるの?

より具体的な使用開始タイミング

女性の薄毛や抜け毛の原因は多岐にわたりますが通り環境が悪化してるサインと思えば良いでしょう。薄毛の前兆としてよく言われるのが次のようなものがあります。

頭皮の乾燥

頭皮表面が乾燥して肌バリアが低下している状態です。これによって髪の毛も乾燥してしまうのでパサついた髪してになってしまうのか薄毛のサインです。

フケの増加

頭皮の状態が悪化すると角質が落ち始めます。いわゆるフケというものですがフケが発症することで抜け毛の本数が増えま頭皮の状態も悪化してしまいます。

頭皮のベタつき

女性の抜け毛は女性ホルモンであるエストロゲンが減ってしまい薄手を発症します。

またエストロゲンが減ってしまうと、もうひとつの女性ホルモンであるプロゲステロンが増えてしまい、それが増えることで頭皮がべたついた状態になってしまいます。プロゲステロンは頭皮の皮脂量を増やしてしまうホルモン体の1つです。

髪質の変化(うねり・パサつき)

髪の毛に栄養素が十分でないとき中の成分がスカスカの状態となります。そのため髪の毛を支えるものがなくなり、うねりパサつきのとして髪に表れてしまいます。

髪の毛が細くなってコシがなくなる

これも上記と同じように、髪の毛の中の成分が少ない状態で髪が痩せてしまう症状のことをいいます。

短い状態で抜け落ちる毛髪が多い

薄毛を発症するとヘアサイクルが乱れてしまい、退後期や休止期の状態が多くなります。十分に育たない短い髪の毛が抜けてしまうのはこのためです。

2 年齢で判断する

女性の薄毛には女性ホルモンなどが大きく影響しますが、その節目として25歳であたりを過ぎてからと、35歳を過ぎてから、そして45歳を過ぎてからの年齢に注目していると良いでしょう。

女性の女性ホルモンは25歳くらいをピークにだんだんと停滞傾向になっていきます。そうなることでストレスを多く抱えてしまうと、個人的にさはありますが薄毛を発症する可能性が否めません。

さらに35歳を過ぎてくると徐々に女性ホルモンの量が停滞から減少傾向に移ります。そして45歳を過ぎたあたりからは女性ホルモンの減りが極端に大きくなってきます。

こちらの記事も参考になります。

女性はどのくらいで薄毛だと判断できるの?その基準は?

女性の薄毛調査まとめと薄毛が気になる場面

まとめ

まとめると、女性ホルモンは25歳くらいのピークに停滞傾向になるので、この頃から薄毛予防をしても良いです。そして生活習慣を改める大きな節目となります。

またこれくらいの年齢からは結婚なども増え出産などもある場合があります。予め薄毛対策をしてれば産後脱毛症が長引くこともありません。

薄毛予防は早いうちからしておくことで40歳以降にくる更年期にも対応できます。ですから化粧水を使うように、育毛剤を使って頭皮ケアをすることを当たり前のように習慣にした方が後々後悔しません。

一番選ばれている女性用育毛剤【マイナチュレ】




多くの女性に一番選ばれている育毛剤が【マイナチュレ】です。

今なら初回980円で送料無料!かなりお得にお試しができます。

マイナチュレの詳細はこちら>>> マイナチュレ公式サイトへ クリック

女性用育毛剤ランキングはこちらから>>> 女性用育毛剤ランキング