髪質の変わる女性

今まで育毛剤を使っても効果を感じられない。そりゃそうだと思います。

おそらく、効果を実感できないあなたは、自己判断でその育毛剤を使っているのではないでしょうか?

育毛剤は、自分の症状に合わせて選ぶのが基本です。ただ、何となく選んでいても思うような育毛効果は得られません。

まずは、育毛についても知識を頭に入れ、自分の症状を理解することが大切です。

20代の若い女性が薄毛を発症する原因とは?

こちらの記事も参考になります。

大量のアホ毛(薄毛の予兆)も女性用育毛剤で改善

筋トレで女性の薄毛改善!驚くほどの効果が得られます!

女性はどのくらいで薄毛だと判断できるの?その基準は?

女性ホルモンの分泌バランス

女性ホルモンのバランスが崩れる時があります。主には過剰なダイエットやストレスなどが原意ですが、20代は精神的にも不安定なため、自律神経のバランスが崩れた結果女性ホルモンの分泌も不安定になることがあります。

ストレス

20代は、お勤めをしているとストレスを抱えてしまいます。

特に、この頃の仕事によるストレスが一番大きいのではないでょうか?

それが自律神経のバランスを崩す原因となり、女性ホルモンの分泌を妨げてしまいます。

栄養不足・睡眠不足・運動不足などの生活習慣

ダイエットによる栄養不足、自分の時間があまりないため、ついつい夜更かしによる睡眠不足、なによりも足りていない運動不足が20代女性の薄毛の原因となります。

栄養不足

ダイエットを頑張る女性が多いのもこの年代。

特に、日本人のダイエットは食事制限がお多いため頭皮への栄養が十分に取り入れられないことが原因です。

睡眠不足

20代女性の平均睡眠が5時間というを聞いたことがあります。

それだけ、自分の時間がないほど忙しいということ。

睡眠は髪の毛の成長に必要な成長ホルモンを分泌させます。

運動不足

運動不足は新陳代謝を鈍らせてしまいます。

髪の毛は常に細胞分裂して成長するため、新陳代謝が悪いと髪がうまく成長しません。

頭皮や髪に負担をかけるシャンプー・髪型・カラー・パーマ

女性が美容室に通う頻度は約2ヶ月に一度。その時カラーリングを必ずします。

中には、それよりも頻度が高い人も。過度の薬剤施術が薄毛の原因になってしまいます。

遺伝・体質

もともと、遺伝による薄毛の体質の場合、薄毛になる可能性が高まります。

これらの原因は、薄毛の前の症状を発症します。

それが徐々に髪の毛の成長を止めてしまうのです。

女性の髪に大きく影響するのは、女性ホルモンであるエストロゲン。

その分泌量が低下することで、血行不良をおこし、髪の毛の核である毛乳頭細胞に十分な栄養や酸素が供給されなくなってしまいます。

毛乳頭細胞に十分な血液が供給されないことで、頭皮の乾燥、過剰な皮脂の分泌などの症状がでます。

それらの症状を防ぐための育毛剤を選ぶ必要があります。

それでは、20代の女性が選んだほうが良い育毛剤をご紹介します。

20代の女性に必要な育毛剤の種類と条件

女性ホルモンを補う

イソフラボンなどエストロゲンの代用として使えるものが含まれていたほうが育毛に効果的です。

皮脂を抑制する

エストロゲンが減ってしまうということは、もう一つの女性ホルモンプロゲステロンが増えるということ。

これが増えると、皮脂の過剰分泌となり余計に髪の生えにくい環境ができてしまいます。

それを抑えるための成分が必要です。

血行を促進する

女性ホルモンの分泌が乱れることで血行が悪くなります。

それを改善するための成分が必要です。

女性用の育毛剤のほとんどには、血行促進成分が含まれているので安心です。

頭皮を保湿する

女性の頭皮は乾燥しやすく、男性よりも敏感肌。

女性ホルモンが減ってしまったり、ストレスを溜め込んでしまうと、頭皮が乾燥しやすくなります。

保湿成分は肌バリアの役目もするため大切です。

栄養を補給する

ダイエットや血行不良によって栄養不足になった頭皮には絶対に必要な栄養分、亜鉛やビタミン類、タンパク質などの髪の成長には欠かせない成分を直接頭皮に塗布する必要があります。

若い女性に効果を発揮する育毛剤のタイプ

これら薄毛の原因に対してピンポイントで治療していくのはコストが高くなってしまいます。

また、若い女性は回復力もありますから、ここではオールマイティに効果の望める育毛剤をおすすめします。

育毛剤のタイプで言えば、「血行促進+栄養補給+保湿」のもの。

さらに女性の地肌は男性よりも敏感で、デリケートなため刺激性の少ない無添加な育毛剤をおすすめします。

20代女性向けの育毛剤の条件をまとめると、「血行促進+栄養補給+保湿」のタイプ余計な化学物質や薬剤物質の含まれていない無添加の女性専用育毛剤これらの条件に当てはまるのが以下のランキングで紹介しています。

質問??

お客様お客様


育毛剤が必要なのは、わかったけれど、どの程度の状態から使えば良いの?私の今の症状はどう?

美容師(私)美容師(私)


これに関しては気になった時にすぐ使い始めたほうが良いです。

薄毛は放っておくと、どんどん進んでしまいます。

早めに対処することで、若い時期の回復力も奏して早く改善されます。

具体的には以下のように進行していたら使ってみてください。

・頭皮(分け目や頭頂部)の地肌透けが気になる
・髪が細く痩せハリ・コシが減ってきた
・おでこ・前髪の生え際が薄くなってきた
・短い抜け毛・細く柔らかい抜け毛が多い

若い女性ほど薄毛の改善率が高い

20代の若い女性の薄毛は、正しく育毛剤を使えば、かなり改善率が高いと言われています。

しかし、それには抜け毛や生え際などの薄毛に早く気づき、その時すぐにでも対策をしていくことが大切です。

先程も言いましたが、放っておいても薄毛は治りません。

むしろひどくなる一方。

そして、年齢を重ねるごとに改善率も低くなります。

ですから、早め早めの対策が必要なのです。

ちなみに「女性で20代から育毛剤を使用する人って多いの?」というアンケートがあるのでそちらを紹介すると、

今、日本で薄毛に悩む女性は600万人。その中で育毛剤を使っている女性は年齢別にあげると次のよいうになります。

40代:32%
30代:26%
20代:18%
50代:15%
その他:9%

この数字からわかるように、20代で育毛剤を使っているかたは約120万人もいるのです。

かなりの数ですね。

でも、それらの人は早めに気づいて対処しているのです。

その分、使っていな人よりも薄毛を克服できたといっても良いですね。

ただし、本当に効果があったのはその中でもまた一部になると思います。

それは、正しく育毛剤を選ぶことができたのか?どうか?です。

こちらの記事も参考になります。

マイナチュレ体験談とマッサージ方法!マイナチュレを使いながらお顔もリフトアップ

ベルタ育毛剤体験談と口コミ、産後のヘアアレンジのコツ

女性用育毛剤ミューノアージュ体験談と口コミ 簡単プルンとコテ巻きアレンジ

効果は人それぞれ

育毛剤は使用しても効果は人それぞれです。

例えば風薬を飲んでも一向によくならない時がありますよね?

それと同じで、薄毛の深刻さや頭皮環境によってそれは左右されます。

しかし、使わないよりは育毛剤を使うほうが改善率は上がります。

また、育毛サロンに通うよりもはるかに低コストです。

そして、大切なのは育毛剤を使っているから安心するのではなく、生活習慣や過度のヘアケアなど薄毛の原因となる習慣を、改善していくことも大切です。

一番選ばれている女性用育毛剤【マイナチュレ】




多くの女性に一番選ばれている育毛剤が【マイナチュレ】です。

今なら初回980円で送料無料!かなりお得にお試しができます。

マイナチュレの詳細はこちら>>> マイナチュレ公式サイトへ クリック

女性用育毛剤ランキングはこちらから>>> 女性用育毛剤ランキング